izawa_ichiroの日記

早期退職と仮想通貨のことについて

『仮想通貨革命』~ビットコインは始まりにすぎない~

 まずは、自分が衝撃を受けたことを書きたいと思います。ビットコインです。どんなふうにこれを知ったかというと、野口悠紀雄さんの著書『仮想通貨革命』~ビットコンは始まりにすぎない~です。この本を読んで、衝撃を受けました私は。これはお金の革命だと本当に思いました。ビットコインについては、もちろんマウントゴックスの事件のことなどはニュースで見聞きはしていましたが、ふーんという感じで昔の円天の一種なのかなと思っていたので、しくみとしては理解していなかったんですね。この本を読んで、これは円の代替になると本気で思いました。野口悠紀雄さんは、経済学者でそれまでも、いくつも著書を読んでいたんですね。わかりやすく経済のことを説明してくれるので、いつも愛読していた著者の一人で、ビットコインをいうのも一応仕組みは理解しておいた方が、後々いいだろうということで、軽い気持ちでアマゾンから取り寄せて購入したわけです。(たぶん書店では並んでなかったと思います。現在でも状況はそんなに変わらないですよね)

 一番衝撃を受けたのでは、やはりPOW(プルーフオブワーク)からのブロックチェーンのしくみです。人々のお金を儲けたいという欲望のかたまりが、そのコインの使用履歴や帳簿の整合性や正当性を高めてくれる。という仕組みはすごいと思いました。今までにない、初めてのしくみだと思いました。

 以前からお金とは、いったい何だろうと漠然と疑問を持っていたんですね。それでいろいろ本も読んでいたわけですけど、どうもピントこなかったわけです。この本を読むことでようやく自分の中に確信が持てたのです。お金は、帳簿なんです。(いきなり唐突で意味不明かもしれませんが、自分はそう確信しました)お金は帳簿であり、その帳簿が合っているかどうかがそのお金の信用を決め、より流通するかどうかが決まるということなのです。今、日本で流通している通貨は、「円」ですね。それは、円が基本的に銀行で管理されていて、その帳簿の信頼性が高いから円が信頼されているということだと思います。円の信頼性は銀行の帳簿が支えているということです。

 そこでビットコインです。ビットコインでは、銀行は存在しません。個々のコンピューターがマインイングという行為を行うことにより、帳簿を確認しているしくみとなっています。その帳簿の信用性はかなり高いといえると思います。2009年にビットコインの運用が始まって、今まで一度もシステムダウンをしていないというのは、驚異的なことです。しかも今までの通貨のように銀行や政府が関与していないのです。

 ただ、現在スケーラビリティの問題があるので、今後も安泰かといわれると少し不安なところもありますが。

 そんなことで、まだいろいろいいたいことがあるのですが、とにかくこれから仮想通貨を勉強したいという人がいたら、野口悠紀雄さんの本からスタートするのが一番いいと思います。とにかく気をつけてほしいのは、まずネットには怪しいコインの宣伝がわんさかとあるので、そこには近づかない方がいいと思います。また本も、どうも本質からずれてる本があるような気がするし、これまた詐欺コインへの誘導のような本もあるようです。

 とにかく絶対おすすめするのが、この本です。リンク張る(予定)ので、もし読んでみようと思ったら、ここから買ってもらうとアフェリエイトの収入が入るのかな?いまだ半信半疑。とりあえず張ってみる。もし実績があったらまた報告させてもらいます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

仮想通貨革命---ビットコインは始まりにすぎない